相場を読むという事


FXで利益を積み上げていくためには、その銘柄である通貨の、外国為替市場の為替相場における値動きを見ていかなくてはなりません。
この為替レートは、様々な要因で刻一刻と変動して行きます。この変動の傾向が、上昇方向か下降方向のどちらか一方向にずっと動いてくれれば、これほど予測が立てやすいものはないのですが、当然そんなことはなく、時に急激に上がったり、いきなり反転したりと実に様々な動きを見せるのです。

そんな相場の動きの中でも、特に判断が難しいとされているのが、レンジ相場やボックス相場と言われる状態に陥った場合です。
これは、相場を動かす要因が全くなく平穏な場合や、これからの相場の行き先に不透明感がある場合などによく起こります。
良い要素であれ、悪い要素であれ、経済や為替に影響するような事柄が起きれば、上昇か下降に値は動いていき、予測も立てやすく利益も上げやすくなりますが、このように何も無い状態になってしまうと、相場を動かす要因の一つである、投資家などの動きも先を読もうとお互いに見合う展開になるために、ますます相場の動きが止まってしまうのです。

レンジ相場に入ると、為替レートの動きが細かく上下に反復するようになり、上も下も、同じような価格に来ると逆に切り返す、という状態が連続するようになってきます。
一見すると、上下に移動するだけなので利益を生み出しやすいように見えるのですが、この時の値動きはおおよそ小さく、そして予想外に動くことが多いので、実はとても扱いにくいのです。
また、小さな値動きなので、運良く利益を取り込めたとしてもその値はとても小さく、苦労に報うものであるとは到底言えません。
信用取引であるレバレッジを使えば、資金の何十倍もの通貨を買うことが出来るので、ある程度の利益を得ることも可能ですが、レバレッジの特性として、利益を何十倍にする分、損失を負った場合も何十倍にもなるという事があるので、あまり、乱用はしない方が賢明でしょう。

細かく値を動かす相場に対して、ハイリスクハイリターンである高いレバレッジを使用し、その値が動くたびに予測を立て直し、投資をしていくのは大変消費しますし、その間ずっと為替レートと顔を突き合わせていなくてはならず、その上、利益を上げたとしても微々たるものなのです。
レートが一方向に流れて動いていくトレンド相場とちがい、予測がしずらくリスクも高いので、熟練の投資家でもレンジ相場を嫌う人はたくさんいます。
また、付け加えれば、こうしたレンジ相場は、レートの動きを見合っていることが多く、突然急激に値が動くこともよくあります。
小さな動きを相手に投資を繰り返していると、こうした状況になったときに素早く対応できませんし、間が悪く大きなレバレッジを掛けているところに、マイナス方向にいきなり大きく値動きでもあった場合には、大変な損失を被ってしまう事でしょう。

こうしたことから、ハイリスクローリターンともいえるレンジ相場には、足を踏み入れない方が得策と言えるでしょう。
ここに労力を割くのであれば、一度、取り引きをやめてしまって気持ちを切り替えるか、必ず大きく動き出すであろう為替レートの動きを予測しながら、その時のための準備をしていた方が、有効的だと言えるかもしれません。